紫外線」タグアーカイブ

まぶた 紫外線 たるみ

皮膚そのものがたるむためにおこるまぶたのたるみは、まだ軽いものなので、毎日きちんとケアしてさえいれば、改善していくことはできます。

まぶたのたるみは肌の老化を防ぐ対策をすれば予防できるものなので、全体的に肌のアンチエイジングを行えばいいのです。

まぶたのたるみをケアするための化粧品としては、アイケアクリームや眼の下専用のパックなどがあります。

目じりやまぶたに保湿成分を含む美容液を塗り込むことで、肌のハリをいくぶん解消し、まぶたのたるみを軽減します。

また、まぶたのたるみの予防、解消のためには、まぶたの周辺をマッサージすることも有効です。

マッサージはまぶたのたるみの部分である肌を刺激し、血行を促進することで効果が現れます。

朝晩のマッサージを1分間ほど行い、そのあとさらに眼の周りを指の腹でタッピングすると、より効果的です。

中指と薬指を使って目じりからまぶたのたるみをなぞり、鼻まで持っていってマッサージします。

それからもう一度まぶたから目じりに戻り、今度は目じりからほほを通ってあごまでをマッサージしましょう。

加齢による肌老化以外に、紫外線も肌を老化させます。

肌成分のコラーゲンやエラスチンが破壊されることで、肌の弾力性が失われてしまうため、予防とケアは必要なのです。

紫外線でまぶたがたるまないようするためにも、冬場でもUVケアや紫外線カット化粧品は使用するほうがいいでしょう。

レーザー治療 シミ取り 皮膚科

皮膚にシミができたときは、それをなんとかして取りたいと思う人は多いでしょう。

シミ取りには、まずレーザー治療をいいのではないかと思う人もいるでしょう。

そのレーザー治療とは皮膚科や美容外科などが行っている治療法です。

このレーザー治療は一般的に、肌のシミの原因といわれるメラニン色素の黒い部分に反応してシミを取るというのが一般的な方法となっています。

レーザーによるシミ取りは肌を痛めることもなく安全です。

中には術後にかさぶたや色素沈着になる場合もありますが、その後紫外線にあたらないように気をつけてさえいれば、数日できれいな肌になるのです。

1回の治療時間も大変短く、そのあとすぐにメイクをすることも可能な上、シミ取りのレーザー治療中、ゴムで弾かれた感じがする程度で痛みもほとんどありません。

けれども、レーザー治療の料金は普通の病気の治療とはわけが違います。

シミ取りレーザー治療をしたいと考えていえる人は皮膚科などでしっかりと診察を受けて、自分の納得のできる病院選びをすることをおすすめします。

シミ取りの方法はレーザー治療以外にも色々とあるので、レーザー治療をと思い立つ前に、自分自身の生活習慣を見直てみることも大切です。

お肌のターンオーバーの周期を正常にするための努力や紫外線対策をしっかりとしてスキンケアを念入りにすることも重要です。

それでもどうしてもシミが取れないというときに、レーザー治療を考えるようにしてはどうでしょうか。