ボツリヌス菌」カテゴリーアーカイブ

ボツリヌス菌 ボトックス注射 嫌気性桿菌

小顔整形やシワ消しにボトックス注射をする美容施術が話題のようです。

ボトックスはボツリヌス菌を原料に作る薬品です。

ボツリヌス菌は毒素を産出する嫌気性桿菌で、有害な菌として有名ですから、不安を感じる人もいるかもしれません。

一般的に、食中毒の原因となる菌として知られているものがボツリヌス菌です。

一方、ボトックスはボツリヌス菌から作られた製剤です。

筋肉を麻痺させる効果があり、医療の分野でも顔面麻痺やけいれんの治療に利用されています。

ボトックスは人体に対して安全性が確認されており、有害な影響がないことが知られています。

ボツリヌス菌から作られた製剤がボトックスですが、ボトックスにボツリヌス菌が含まれているわけではありません。

あくまでボツリヌス菌が材料であるということです。

ボツリヌス菌は食中毒の元になる細菌であり、誤って人体に入らないよう十分な注意が必要です。

中毒を予防するには、生焼けの肉を食べないこと、事前に十分に加熱することが大事です。

ボツリヌス菌は熱に弱いという特長があります。

ボツリヌス菌の毒素はとても強力で、ほんの少しの量でも致命的です。

そのため、生物兵器などへの転用が恐れられています。

ボツリヌス菌は、食中毒を避ける上では無視しえない細菌といえます。

とはいえ、ボトックスはボツリヌス菌とは全く違うものであり、その性質も用途も別物といえるでしょう。

美容や医療の分野で使える、安全な薬剤であるといえるでしょう。